■プロフィール

pon

Author:pon
第13回文化庁メディア芸術祭審査員推薦作品「Organic」アニメ作家。演出・作画として「TBS日本昔ばなし」「NHKみんなのうた」他。NOVAなどCM多数。NHK「お母さんと一緒」内のアニメーションは たくさん原画作画しました。「こんなこいるかな」「スイングキッチン」「くまの子ウーフ」「でこぼこフレンズ」「ミッフィ」etcホームページhttp://www.pon-plan.com/
アニメ「リタとナントカ」が6/6(月)から
6/11(土)までフランスで開催される
アヌシー国際アニメーションフェスティバル2011に ノミネートされました。アニメ「リタとナントカ」が 7/20(水)から24(日)まで、ソウルにて 開催予定のSICAF(ソウル・インターナショナル ・カートゥーン&アニメーション・フェスティバル)のTV部門におけるオフィシャルセレクション作品に 選ばれました。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

シンポジウム「アニメの未来」

┌───────────────────────────────────────────┐
        第2回シンポジウム「技術が拓くアニメの未来」開催
└───────────────────────────────────────────┘

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アニメーションを『科学』するシンポジウム を3月4日(金)東京大学一条ホールにて開催!
『イナズマイレブン』と『仮面ライダー』の3D映画化に取り組んだ、2人のクリエイターによる
トークセッションが実現!!
アニメ制作における現状の課題とは? そして技術革新がもたらす未来のアニメーションとは!?

ご興味ある方は、下記URLよりお申込下さい(参加費無料)
公式HP http://www.think.ne.jp/METI_AJA_symposium2nd/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本動画協会は経済産業省の支援のもと、アニメ制作会社や東京大学の協力を得て、アニメ制作現場の
科学的調査に取り組んでいます。
本シンポジウムでは、「アニメ制作手法の変革」と「S3D(立体視)映像技術」という2つの側面から
アニメの未来を展望します。

今回の調査で得られた工程分析の調査結果を総括し、制作工程の改善可能性について発表します。
また、実写とアニメのS3D映像制作に携わったクリエイターが演出方法や撮影手法について作品事例を
交えて語ります。


_/_/_/_/ シ ン ポ ジ ウ ム 詳 細 _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■タイトル    「技術が拓くアニメの未来」
■主 催  一般社団法人日本動画協会・経済産業省・東京大学 人工物工学研究センター
■日 時  2011年3月4日(金) 14:00-17:00(予定)
■対 象  約200名(定員に到達次第締切)
■会 場  東京大学弥生講堂一条ホール (南北線 東大前駅より徒歩1分)

■プログラム
1. 主催者挨拶 東京大学/経済産業省
2. 講演『アニメ産業の過去と未来を概観する』
一般社団法人日本動画協会理事長、株式会社ぴえろ代表取締役社長 布川郁司 氏
3. 調査報告1 『アニメ制作工程分析』
早稲田大学高等研究所准教授・東京大学人工物工学研究センター客員准教授 七丈直弘 氏
4. 調査報告2 『作画工程分析』
東京大学 人工物工学研究センター サービス工学研究部門 教授 太田順 氏
5. S3D技術に関するトークセッション
株式会社オー・エル・エム・デジタル プロデューサー 小林雅士 氏
               主な立体視作品:
                   『立体映画 ポケットモンスター/ミュウを探せ!(2005)』
                   『立体 劇場版イナズマイレブン最強軍団オーガ襲来(2010)』
                   『立体PV フル3DCG パックマン(2010)』他

東映株式会社デジタルセンター ツークン研究所デジタルディレクター 小林真吾 氏
               主な立体視作品:
                   『侍戦隊シンケンジャー 銀幕版 天下分け目の戦い』
                   『仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ』他

司会:デジタルハリウッド大学大学院 特任教授 羽倉弘之 氏

※各パネリストの詳細プロフィールは上記公式HPにてご覧いただけます。


終了後に、パネリストおよび関係者への個別取材を受け付けます。
ご希望の方は、下記事務局担当まで、事前にお申し込みください。

◆◇◆◇◆ 報道各位 お問合先 ◆◇◆◇◆

日本動画協会人材育成プロジェクト
シンポジウム実施事務局(株式会社シンク 内)
担当:蝦名/鈴木
メールアドレス :bd_info@think.ne.jp
電話番号:  03-5405-3771
FAX番号:    03-5405-2230


スポンサーサイト
アニメーション | 10:59:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad